” 北の国から ”  みたいになっちゃってますが

大丈夫なんでしょうか ?


でも どんなに寒くても

うちには世界各地から素敵なアイテムが

送られ続けてきます (笑


さて という訳で

もうここでも 何度もご紹介している

アンティークガラスのペンダントランプ


それは

遥かアメリカからやってきたモノで



道端の電信柱に普通にいっぱいありました

でも それは 昔のはなし ・・

近代化に伴い その数は減り

今や 絶滅危惧種 (?)的存在なのです



その正体は ケーブルを支持するガラスのパーツ

本国 アメリカではコレクターも数多くいるほどの

珍しいアイテムなんだそうです

たしかに とてもキレイですよねぇ

一世紀以上を経たガラスの塊り達には



ず〜っと見続けてしまうほど

惹きつけられるものがある気がします


その分厚いガラスを

ランプにリノベーションしたのは 日本人

アメリカではケースに入れ

ライトアップして眺めていたモノを

ランプとしてライフスタイルに取り入れたのですから

さすがジャパニーズ ♪ アイディアと技術が凄い


少々 前置きが長くなりましたが (汗っ

由来を知ってほしかったので ご了承くださいね

今回の入荷したモノは

クリア系がふたつと ライム系がひとつ







それと いつも入れてるのより

ひと廻りちいさなのも入ってきてます



サイズ感を変えてのディスプレイも素敵ですよ



100年という

時代を超えて煌めく光り

どこか幻想的で 揺らめくような輝きは

降る雪と相まって ロマンチックでした


 

JUGEMテーマ:インテリア雑貨